スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健診

昨日は2週間ぶりの健診の日でした。

予約がいっぱいで出来なかったので、朝息子を早く起こして車の中で朝ご飯を食べさせながら行こうとしたら・・・起きない

結局、9時ちょっと過ぎにやっと出発し、9時半頃駐車場に到着したのに、今度は車を停めるところがなくて、15分くらいグルグルしてやっと駐車して病院に入っていきました。

受付を済ませて産科で待つこと3時間。
家ではもうオムツを取ってトレーニングパンツでオシッコトレーニングをしている息子に紙パンツを穿かせ、「チー」と紙パンツにオシッコしそうになる息子をトイレに走って連れて行き、何度も間に合わなくて紙パンツ交換をし続けながら、待つこと3時間。

ウンチもしたし、オシッコも沢山してくれて持っていたオムツが終わってしまったので、産科の看護師さんに訴えて車まで新しい紙パンツを取りに行ったりした3時間。

クタクタになった頃、やっと名前を呼ばれて、更衣室で着替えをして健診をしました。先生も疲れているようでした。文句は言えまい。悪い人はいない。

で。・・・また逆子になっていました。
私は前回逆子で帝王切開になっているので、子宮の傷口も薄くなっていて、陣痛がきてからの普通の分娩は危険が多いと聞いていたので、今回先生に
「もし次の健診の時に逆子が治っていても、帝王切開でいいかな…と思っています。」と伝えておきました。

家は昼間息子と二人きりでいるので、もし昼間陣痛が来て病院に行くとしたら、タクシー呼んだり、近くで働いている姑さんに電話したりしてから病院行かなくてはいけないので、正直陣痛が来るのが怖かったのです。

次の子は普通に産んでみたい!という願いはありましたが、陣痛の痛みは去年の流産で経験できたので、帝王切開の選択で後悔はありません。

子どもは死んでいたけど、身体から子どもが出た直後の身体の軽さと激しい睡魔も経験できたし、帝王切開のつらさも知っているつもりです。

手術後のあの苦しさは何とも言えない恐怖。
でも、頑張って産みたいと思います!
多分出産予定は今月末。

準備。しなくては・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ギョリさん、流産は辛い体験だったね・・・。その喪失感たるや、経験の
ないmikには計り知れないものがあるけれど。想像の域を超えない
けれど。でも、一度胎動が始まっちゃうと、楽しみになっちゃうもんね。
今の胎児ちゃんが元気に生まれてくるといいね。
ギョリさんも出産を楽しめるといいね。

それにしても考えられない、妊産婦健診に3時間待ち・・・・・・。
アタシはずぅっとオナカ張りっぱなしだったから、3時間だなんて
まるで拷問!!!
そこの病院というかクリニック?、ギョリさんお気に入りなのね??
mikだったら、待って一時間。それ以上になるなら即転院しちゃうよぅ。
しかも息子サマをケアしながらなんて、すごいよーーー。

とにもかくにも、ハーブティー飲むとかアロマバス入るとか、楽しいこと
やって、リラックスしてね?

おはようございます。
わしは流産の経験はないですが、友人が去年死産を経験していて、
こどもを失った方のその後のつらさを間近で見ていました。
友人は切迫流産しやすいのと子宮口が簡単に開いてしまう体質で
本来なら子宮口を縛る方法をとらなくてはいけなかったのを
担当の先生が切迫流産ばかり気にしていたせいで
友人の赤ちゃんは6ヶ月でおりてきてしまい、そのまま亡くなってしまいました

世の中「生まれてきて当たり前。健康で当たり前」というものを
なんで自分は与えてもらえなかったのか、
世の中同じ経験を持つ人もいるけれど、それが何故自分なのか
友人はそう泣いて泣いて…わしも悲しかったです
生まれたら上の子も下の子も同じだねーなんて笑って話していたのが嘘だったかのようです

その後友人は元気になりましたが
「上の子がいなかったら、立ち直れなかった」と言っていました。

日々つらいことは多いですが、こどもに助けられる事はわしも痛感しています。
こどもはうるさくて汚いけど、親にたくさんのものを与えてくれますよね

恐くって痛くってつらかったのに時間が立つと不思議なことに
赤ちゃんっていいな~~と思ってしまうのが母親ですよね

おはようございます。

>mikさん
はい。出産を楽しめるように気持ちを明るくもっていきます!
総合病院の産婦人科に通院しております。

私の住む地域の個人でやっていた産婦人科がどんどん潰れているのです。
今まで色々な所に散らばっていた妊婦がどんどん私が通っている総合病院に集結してきているので、妊婦健診に来る妊婦が溢れるようになってしまいました。
もう一つ大きな病院があるんですが、出産時に異常がみられる時は、結局私が通ってる方の病院に搬送されてしまうようです。
産婦人科医も減ってますし、個人でやってるとこも減ってきてみんな産むのに苦労するようになりました。

転院できない田舎です…。あともう少しの辛抱です。家でゴロゴロしながら頑張ります!

>しのさん
生まれてきて当たり前。健康で当たり前。普通に分娩。と思える人はとても幸せだと思います。
私も「流産」なんてものが自分に降りかかるとは想像もしていなかったことで、出血があってもお腹に激痛が走っても子どもは産める!と勝手に自信をもってました。

でも、二人目の妊娠で子宮の中を見たとき、お腹の中でこの間まで生きてた塊がたった2cmで身体から出てきてしまった時に、自分がこんなに泣いてしまうとは想像もつきませんでした。
流産も死産も気持ちは同じかもしれません。
私も上の子がいたことで何とか気持ちを落ち着かせることができました。

分娩室で隣で出産をしている人がいたにも関わらず、大声で泣き喚いてしまった事は多分忘れないと思います。
自分が流産、隣は無事出産。。。この状況は結構つらかった!

今度こそ元気な子を産みます!兄さんも待ってますから!

こんにちは。

私が流産を経験して、姫を妊娠することが出来た時
「この子はあんたから生まれたくて還ってきてくれたんやで」
と、母が言ってくれました。
妊娠初期から出産までの間すごく勇気づけられた言葉でした。
ギョリさんのお腹のお子さんもギョリさんのもとに戻ってきてくれたんだと思います。
自然分娩だろうが帝王切開だろうが自分が産んだ子には変わりはないので、
出産に絶対安全なんてことはないですが、母子共により安全な方法で産むのがいいと思います。


しかし、産科医や小児科医が減っているのはすごく困りますよね。
これでは少子化問題は解決しません。

>ひよりさん

「あんたから生まれたくて還ってきてくれた」という言葉は嬉しいですね!

あぁ...そうか!違う子だけど、同じ子か!って感じです。

戻ってきてくれたのでしょうね。
今も元気にボコボコ動いてくれています。

どう産もうと私から出て来る子に違いはないので、私も元気に産んで早く退院できて二児の母になりたいと思います!

来月1週目に切腹予定です。頑張ります!
プロフィール

ギョリ

Author:ギョリ
ギョリ育児です!
日記つけるの大好きです。

いらっしゃい数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
こちらもご覧ください。
異風 コーヒー屋さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。