スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらでお返事返します。

昨日の日記にコメントくださった方、ありがとうございました。

昨日は気持ちが沈んだままだったんですが、保健センターでやっている「つどいの広場」という未入園児が集まる広場に遊びに行きました。

いつもなら、すぐに他のママさんたちの中に紛れて息子を他の子と遊ばせるのですが、昨日はどうしても笑うことが出来なくて、息子を一人で遊ばせて私も少し離れたところでその様子を見ていました。

その様子が変だと気付いてくれたのか、児童福祉課の人が近づいてきてくれて、私と話を始めてくれました。

息子が夜なかなか寝なくて旦那に「お前の躾が悪いんだ」と言われていることや、旦那が何も子どもの面倒を見てくれないという相談をしてみました。

福祉課の方がこう言いました。
「子どもは体力が付いてきてるから、お昼寝の時間も短めに午前中には寝られるようにしてあげて、本当はお父さんと一緒に6時ごろ起きてあなたがご飯の用意をしている間にちょっと外へ散歩に出かけてあげるとお父さんと接する時間も増えてお腹も空いて機嫌も良くなるよ。」
で、私が
「面倒なんて絶対見てくれません。『俺は仕事があるんだから』とかいって子育てを一緒にやってくれる気配がない」と嘆いたら、
「男の人はやっぱり急には親になれないんだよ。面倒見てくれなくても、お父さんと同じ時間に起きて、『パパにチューしてあげて』とか『パパいってらっしゃい』とか会社に行く前に会わせてあげていくうちにお父さんも張り合いが出来て、仕事も順調に進むんじゃないかなぁ。子どもと接する時間を長くしていくのはとても大事だよ。女の人の方が大変だよね。 『妻』と『母』と『女』をやっていかなくちゃいけないし、1日中子どもと二人でいるのって疲れちゃうでしょ? だから、お父さんにも協力してもらえるようにもう少しお母さんが頑張らなきゃ!」と言われました。

話をしながら泣きそうになってしまったけど、他のママさんたちや子ども達の前で泣くわけにもいかなかったので、泣くの我慢して話を聞きました。
>あむさん、海風さん、みちさん
コメントありがとうございます。

皆さんも色々苦労なさったのですね!
私も色々我慢しているところがあると思います。
でも、昨日の話を聞いていたら、私の頑張らなくちゃいけない方向が少しずれていたんだな。と気付かされました。

旦那が何も手伝ってくれないから自分ひとりで頑張ろうとしてたんですが、そうではなく、旦那に手伝ってもらえるように頑張ることが大事だと気付きました。
相手にお願いをするのだから、私もそれに代わる何かを頑張れば、give&takeだと旦那も気付いてくれて、お互い前を向いていけるような気がします。

もう少しだけ、違う方向で頑張ってみます。
ありがとうございます。

>p2s++さん
男性からの意見ありがとうございました。

私も旦那が認めてくれているのに気付いてないのかも知れません。
「私が望むことをやってくれない」のではなく、相手が不器用なりに何をしてくれているかを考えるのも大切ですよね。

「俺がこんなに苦労してるのに、お前は何やってんだ!」と口にする旦那も私と同じで、自分は頑張ってるのに報われない。
と思っているんだと気付きました。

旦那を変えるにはまず、私から変わらなきゃいけませんね!
私が選んだあの人です。はい!その通りです。
口は悪いし、話は聞かないし、説教は長いし、威張ってるけど、私の旦那です。
教育していきます!
「『パパ』を作るのは母親の仕事なんだよ。」
と言われました。
カラオケも行っちゃおうかしら…。えぇ。
違う方向で頑張ります!



気持ちが楽になって、他のママさんの顔が見られるようになって、子どもが嫌いな食べ物をどうやって食べさせてるかとか、普段の躾や布オムツを使い続けていることを話していたら、私、「子育て頑張ってるママ」みたいな人にされました。
当たり前のことをしているだけだと思っていたことを「スゴイね!」と褒められるとはビックリでした。

私は旦那に「○○さんはそんなこと子どもにやらせてない」とか、「○○さんはそんなことしなくても大丈夫って言ってた」とか言うと、
「お前もそういう人になりたいのか?もっと上を見ろ!家事も育児も上には上がいるんだぞ。自分より下を見て安心してるようじゃ成長なんてできねぇよ。」と言っていたことを思い出しました。

旦那が厳しいから自分なりにガムシャラに頑張ってきました。
料理も家の人たちに「おいしい」と口に出して言って貰えるようになったし、ママさんと話をすると褒められたり。

褒めてもらえないし、「お前は何も変わっていない」とため息をつかれて、もの凄く悔しいけど、逃げずに頑張ってみます。

夫婦平等と思っていないのは私なのかもしれません。
相手を思いやる気持ちは大切ですよね。
昨日も「子どもが幸せを感じる事が出来るのは、両親が仲良く話をしている姿を見ているときとか、お母さんがお父さんに幸せにしてもらっているという顔をしていることや、お父さんもお母さんがいるから頑張れるんだ、という気持ちを持っているかとかだから、お母さんがまず、お父さんに優しく接してあげなきゃね。」とも言われました。

旦那が帰ってきたら、ご機嫌をとるのではなく、優しく接しようとしていたら、帰って来た旦那がやたら優しく、夕飯の後に息子を1時間近くも相手してくれて、お風呂も進んで入れてくれました。

きっと誰かに相談をしたのかも知れません。
息子が寝るまでチュッチュチュッチュしてくれたり、息子のわけの分からない話を聞いてくれたりしてました。

私たちはまだ親歴1年半のぺーぺーです。
二人とも成長が必要なんだと思いました。

私は人に優しく接する事が出来るように努力します。
そして、もっと息抜きもしようと思います!

ご心配おかけしました。

またグチるかもしれないけど。今日はこんな気持ちです。

スポンサーサイト

テーマ : ぼやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ギョリ

Author:ギョリ
ギョリ育児です!
日記つけるの大好きです。

いらっしゃい数
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
こちらもご覧ください。
異風 コーヒー屋さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。